EPSON EXCEED YOUR VISION
RECRUITMENT
EPSON EXCEED YOUR VISION
RECRUITMENT
Entry

人材育成

エプソンは、「人材」をかけがえのない経営資源として位置付け、人材開発・教育を実施しています。
入社後の1年間では、仕事に対する基本姿勢および仕事の進め方を習得するための教育期間と位置付けています。
ここでは入社1年目の育成・研修にスポットを当てて、様々な取り組みや研修例をご紹介します。

  • 入社式・入社時研修・
    職場配属
  • OJT(職場実習)
    OFF-JT(職場外実習)

入社式

エプソン社員としての最初の一歩として入社式があります。
式典では社長の祝辞や先輩社員からの激励のメッセージの他、配属発表、入社手続きを行います。

入社式の様子

入社時研修

学歴や職種問わず、新入社員全員が同じ内容の研修を受け、社会人として必要な知識について学びます。
プログラムとしてはエプソンの人事制度・就業規則、社会人としてのビジネスマナー研修などがあります。

職場配属

入社時研修終了後、各事業部/部署へ配属され研修を開始します。
事業所単位で安全教育を受けた後、更に事業部や部署単位で独自の研修を受けます。
過去の事業部研修の例として、プリンター事業部ではビジネス立案企画を行ったり、プロジェクター事業部ではプロジェクターの分解・組立を行ったりしました。
各職場配属後は、個別育成計画(新人育成計画シート)に基づいて、職場内/職場外での研修を行います。

OJT(職場実習)※On the job trainingの略

新入社員1人に対し1人の先輩社員をOJTリーダー(育成リーダー)として任命し、
業務を通じて仕事に必要な知識やスキル、社会人として必要な考え方や行動の指導、支援を実施します。
※新入社員の育成は、OJTリーダーだけではなく、職制・職場メンバー全員で行います。

Off-JT(職場外実習)※Off the job trainingの略

職場で学べない内容について、職場外で補完する研修制度です。
個別育成計画(新人育成計画シート)に基づいて、職場の判断により実施要否を決めます。
以下のような専門研修、販売実習、製造実習が代表的な例としてあります。

専門研修

技術系の新入社員は、今後の業務に必要なスキルの基礎を「専門研修」で習得することができます。
専門研修はメカ・エレキ・ソフトの3種類に分かれており、充実した演習やフィードバックを行いながら研修を実施します。

メカ
3D CADおよび2次元図面化
最新の加工技術および金型仕上げ/公差の基礎・解析
エレキ
デジタル/アナログ/マイコン制御/EMC/電源回路基礎の理解
プリント基板設計/半田付け実技
ソフト
C言語を用いたプログラミング研修/実習
ソフトウェア品質管理/ソフトウェアテストのプロセス理解

エレキ研修講師より

専攻がエレキの人に対しては大学での復習を兼ねながら進めていき、
そうでない人にはエレキに興味を持ってもらうように工夫しながら実施していきます。
ありきたりな座学は避け、演習を充実させながら実施していきます。

技術系新入社員 ソフト研修受講者の声

学生時代の専攻:電気電子

大学時代にプログラミングをした経験がなく不安でしたが、講師も複数名いて質問しやすい環境でした。
初心者でもついていけるような内容で、演習も丁寧なので学習しやすかったです。

学生時代の専攻:情報系

学生時代に情報系を専攻していましたが、プログラミングに不安があったので、基礎から応用まで復習することができました。
演習も毎回添削されるので、自分の間違えたものをすぐに確認することができました。

販売実習

全国の家電量販店にて、実際にエプソンの製品を販売します。
エンドユーザーであるお客様の声に耳を傾け、配属先の業務に活かすことや、ビジネスマナーの習得を目的としています。

事務系新入社員の声

1か月間プロジェクターの店頭販売を行いました。
最初は製品知識について自信がなかったのですが、実際にお客様のお話を伺い、自分で勉強することで段々と知識が身についてきました。
そして何より、試行錯誤し、その結果販売につなげることができたという経験は非常にやりがいを感じました。

製造実習

当社の基盤である「モノづくり」を、製造現場で体験します。
製造の基礎知識・プロセス・構造を理解し、業務に繋がる幅広い視野を身に付けたり、
規律・安全・マナー・品質・コスト・納期などの社会人基礎力を高めることを目的としています。
業務としては部品製造、梱包作業、修理作業、外観検査などを行います。

技術系新入社員の声

1か月間、プロジェクターの新機種の組立や梱包、修理工程の一部を経験しました。
実際に製品の組立の過程や仕組みを自分の手を動かしながら学びました。
私は企画設計という職種なので、この経験を活かして次の工程に関わる職場の人のことを考えながら設計をしたいと思いました。
(参照:サステナビリティ/人づくり)

※当社における人材開発の考え方をより詳細に記載しております。

サポート支援・制度

サポート支援・制度

キャリア支援に関する会社の制度や仕組みをご紹介します。

人事制度

エプソンでは、仕事上の成果とそこに至るプロセスを評価し、(年齢・国籍・性別にかかわらず)キャリアアップできる環境があります。
各資格に応じた人事制度で、組織・個人の価値・能力を最大化する仕組みになっております。

人事制度 人事制度

社内公募制度

募集部門は、社内イントラネットを通じて、募集職種(仕事内容)・必要要件・募集人数などを公表します。
応募にあたっては、1年間 同一職場(同一職種)であれば、応募時の上司の承認も不要のまま応募を進める事が可能です(2021年制度変更)。
募集部門との面接を経て、両者(募集部門・応募者)で合意された場合には、異動決定として6カ月以内の配転が行われます。

キャリア相談窓口

仕事をする上での悩み事、困り事など、さまざまな内容を幅広く相談できる窓口として常設しています。
守秘義務の基、カウンセリング、キャリアコンサルタント、メンタルヘルスに関するスキルを有する相談員が対応します(女性相談員希望への対応も可)。
※キャリア形成支援→体調、ワークライフバランスに合わせた就業相談、職場における課題解決支援対応など

資格取得支援

業務上の資格取得は、会社が全額負担します。
会社業務に関連のある資格については 自己啓発扱いで資格に挑戦される方も多くいます。
この場合、合格すれば受験料の50%を助成する制度があります。

海外トレーニー制度

顧客視点・現場視点を培うため、若手社員を積極的に海外拠点に派遣し、グローバル人材育成を推進します。
帰国後も、グローバル視点で考え、実践行動まで落とし込むことでさらなる成長へ繋げていきます。
※2020年度は新型コロナの状況を鑑み、休止しています。

語学研修

上司が業務上必要と判断した場合、英語や中国語の授業を就業時間内に受けることができます。
また、自己啓発学習支援として、費用の半額の助成を受けることができます。