EPSON EXCEED YOUR VISION
RECRUITMENT
EPSON EXCEED YOUR VISION
RECRUITMENT
Entry

エプソンには社内に様々な職種があり、技術系・事務系職種共に幅広い活躍のフィールドがあります。
下図はエプソンのものづくりの流れです。「創って・作って・お届けする」という工程に直接関わっている職種や、
それを支える職種など、様々な職種の社員がものづくりに携わっています。
このページでは新卒の方が配属される職種について一部ご紹介します。
職種への理解を深めることや、興味を広げることに活用してください。

バリューチェーン:製品の市場化までの流れと職種

バリューチェーン:製品の市場化までの流れと職種

開発設計

<研究開発>

Epson25 Renewedで掲げる5つのイノベーションを牽引するために、基盤技術、コア技術、製品技術の進化に挑戦し、新規事業の創出に向けた技術開発を行います。
新領域では、センシングや環境技術の技術開発・ソリューション開発も積極的に進めています。
■基盤技術:AI・アルゴリズム・材料など
■コア技術:センサー・アクチュエーター・光制御など
■製品技術:設計技術・デジタル技術・生産技術など
■新領域:センシングや環境技術の技術開発・ソリューション開発

<開発設計>

お客様に求められることを満たすように機能・性能を実現し、信頼性・安全性を確保します。
主にメカ・エレキ・ソフトの3つに分類されます。

■メカ設計
モーター制御や外装設計を行います。
例としてはプリンターの紙送り機構、液晶プロジェクターのレンズ可動機構、時計のムーブメント、ロボットの高速高精度制御などがあります。
■エレキ設計
各製品の電子回路設計(基板・SoC・ハーネス)、LSI設計、EMC設計などを行います。
■ソフト設計
各製品のファームウェア、ドライバ、ユーティリティソフト、アプリケーションソフトの開発・設計等を行います。また、次世代の通信・ネットワークに対応するシステム開発や、インターネットサービスやビックデータを活用した分析支援を行います。

生産技術

要求通りの品質(Q)を、最適なコスト(C)で安定的に量産(D)するために、メカ、エレキ、ソフトの専門分野の視点で設計を検証し、量産のための設計や試作、評価、製造現場の効率化を担当します。
また、製品量産化のための製造プロセス、装置開発、加工技術、量産技術の開発も行います。

■組立技術(メカ系)
生産設計を行います。効率よく製品の組立が出来るようなレイアウトを検討したり、製造現場の効率化など担当します。
■部品技術(メカ系)
新製品の量産設計を行います。設計からの図面を基に、安定した製品が生産出来るように加工図や金型図面などの作成を行います。
■エレキ技術(エレキ系、一部ソフト系)
エレキ部品に関する生産技術業務全般を行います。設計からの図面を基に基板のアートワーク設計を行い、実装設計や量産の立ち上げを担当します。

品質保証・管理

お客様の立場に立って製品の品質(安心、快適、丈夫)を保証するために、品質向上のための技術開発や分析をし、お客様の声にお応えする職種です。

■品質保証(Quality Assurance)
 IT技術や品質工学等の手法を用いて、設計品質向上の為の技術開発や課題解決を行います。
 製品安全性・基本品質を確実に作り込み、お客様に満足いただける製品を作り出すための重要な砦です。
■サービスサポート(Service Support)
 全世界のサービス体制構築や、市場品質情報の分析を行います。
■顧客満足(Customer Satisfaction)
 お客様からの問い合わせ対応や修理サービス情報の提供を行います。

セールスエンジニア

お客様と技術者の架け橋として、マーケティング・セールス・技術サポートを行います。技術的な知識基盤が必要とされるため、多くの理系出身者が活躍しています。

情報システム推進

DX基盤(デジタルプラットフォーム)構築を通じて、全社のIT基盤を最適化し、仕事や業務プロセスを変革します。また、データとデジタル技術を活用した新たなビジネスモデルを創出し、既存のビジネスモデルを変革します。

知的財産

会社の強みの源泉となる技術、デザイン、ブランド、ノウハウ等の知的財産を扱い、特に特許権、意匠権、商標権、著作権等の知的財産権の権利化、活用を担います。また、知的財産情報の分析結果に基づき、経営層に戦略提言を行う戦略機能も担います。

生産管理・調達・物流

生産から販売までの活動において、生産計画の企画・立案、必要な部品の調達、物流システムの構築・サポートなどの業務を行います。
世界中に広がる生産拠点の管理はもちろん、生産にあたっての外部との調整、在庫管理など、エプソン製品の生産から市場に出るまでの全てをコーディネートする基幹の業務です。

■生産管理
購買から物流までの生産計画を立案し、顧客のニーズに沿った納品を行います。
■調達
生産に必要な材料や部品などを、生産計画に基づき品質を確保した上で安価に適時購入手配します。
■物流
調達、生産、において、常に効率的かつ環境に配慮した物流であるための管理、企画、改善を行います。

営業

主に機種推進業務とエリア営業推進業務の2つに分類されます。

■機種推進(商品企画・市場開拓)
市場投入する商品の企画を行い、市場にどのような商品を投入するかを、「顧客価値は何か?」を起点に、マーケティング、市場分析、競合分析、顧客調査を実施し、新製品の企画を推進し、市場開拓を行います。
また、既存製品の後継機種の企画を推進します。
メーカーにとって商品を生む出すという、重要な役割となります。

■エリア営業推進担当(中期戦略策定・販売分析)
担当地域(米州、南米、欧州、アジアなど)に対して、販売会社と中期戦略を策定し、
年度計画を立案し、エリアの販売戦略を企画し推進します。毎月の企画の推進状況、計画数量の達成状況を分析し、必要なエリアでの販売施策を実行します。
新製品については、担当エリアで「どのように売るか(手段)」「いくらで売るか(価格)」「何台売るか(台数)」の販売戦略を販売会社と合意し実行していきます。
グルーバルに59か国67拠点の市場開拓を地球規模で実施できる魅力的な仕事になります。

財務・経理

経理業務(決算・出納・税務)を高品質かつ最効率的に行い、業務目標達成と最適な財務構造実現に向けて、業務を担います。

法務

経営判断における適法性や妥当性の判断、規程・基準の整備管理、印章管理、取引上のリスク管理、係争・訴訟案件への対応、会社債権、資産の保全などを行います。

広報・IR、経営企画

企業価値の最大化に向け、経営ビジョン、事業戦略、業績、サステナビリティ情報といったことについて、社内外のステークホルダーに対し、取材設定やニュースリリースの発行、SNSでの発信、企業サイト運営、社内報発行他、適時・適確なコミュニケーションをグローバルに行います。

人事・総務、秘書

「経営の視点」と「働く視点」の二つの目を持ちながら、「人」、「職場」のマネジメントを通じ、ビジネスパートナーとして事業部と共にお客様価値創造を実現します。
業務の例として、人事制度設計、要員管理、人材育成、採用、賃金・労務管理、オフィス環境支援、文書管理業務、福利厚生業務、物流管理、防災管理、施設戦略・施設/設備管理、来客管理・対応などがあります。